【国際】科学者247人、国連機関に5Gネットワークの環境・健康悪影響リスクで独立調整実施要求 2019/07/24 最新ニュース

【国際】科学者247人、国連機関に5Gネットワークの環境・健康悪影響リスクで独立調整実施要求 1

 42ヵ国科学者247人は6月25日、国連事務総長、世界保健機関(WHO)事務局長、国連環境計画(UNEP)事務局長に対し、電磁場(EMF)が動植物・人体に与える潜在的悪影響を調査するよう要求する共同書簡を送付した。問題視している「電磁場」は、通信電波を指しており、5Gネットワークの導入に対しても再考を求めた。同文書は2015年5月にも同様の書簡を送付していたが、その後反応がないとし、4年後の今回、現体制に対しあらためて共同書簡を送った形。

 今回の共同書簡は、International EMF Scientist Appealが主導。ピアレビューを得た学術論文2,000本以上が、動植物や人体に影響を与えると指摘していると言及。WHOの外部機関である国際がん研究機関(IARC)は、「超低周波電磁界」には発がん性があると認めているが、積極的に超低周波電磁波の影響評価を行う体制は導入していないとし、電磁場基準の制定や、特に妊婦や子供を保護する予防措置を求めた。また、WHOが「電磁場の健康影響には信頼のある証拠がない」としていることについては、独科学者NGOの国際非電離放射線防護委員会(ICNIRP)が策定した不十分なガイドラインに依拠していることを批判した。

 2017年には、International EMF Scientist Appealの顧問団は、国連ビジネスと人権に関する指導原則(UNGP)を引き合いに出し、5Gネットワーク技術の導入前には、健康と安全に関する独立アセスメントを実施すべきと指摘しいていたことにも触れた。また、企業に対しても、先入観のない立場で、健康・安全に対するテストを実施すべきと求めた。


 
【参照ページ】Transmitting the International EMF Scientist Appeal

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る