【国際】飲料業界団体BIER、業界CO2算出ガイダンス改定。炭酸飲料、蒸留酒、容器、冷蔵工程等対象 2019/08/05 最新ニュース

 飲料業界の国際的な環境サステナビリティ向上業界団体BIER(Beverage Industry Environmental Roundtable)は8月1日、飲料メーカーの二酸化炭素排出量算出ガイダンス「Beverage Industry GHG Emissions Sector Guidande」を改定し、4.1版をリリースした。前回の4.0版は2018年12月に策定されていた。

 同ガイダンスは、飲料メーカー向けの任意の国際ガイダンス。世界的のデファクト・スタンダードとなっている「GHGプロトコル」に準拠し、補助ガイダンスとして策定されている。

 今回の改定は、ガイダンスの附属書を中心に実施された。具体的には、炭酸飲料等で用いられている二酸化炭素排出量購入分の扱い、蒸留酒製造での二酸化炭素排出量算出手法の具体例、飲料容器製造での算出ガイダンス、冷蔵プロセスでの算出ガイダンスが改訂された。

 今回のガイダンス策定に参加したのは、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)、ハイネケン(オランダ)、カールスバーグ(デンマーク)、ミラークアーズ(米)、モルソン・クアーズ(米)、ディアジオ(英)、バカルディ(キューバ)、ビームサントリー(米)、ブラウンフォーマン(米)、コンステレーション・ブランズ(米)、ジャクソン・ファミリー・ワインズ(米)、ペルノ・リカール(フランス)、オーシャンスプレー(米)、コカ・コーラ・カンパニー(米)、ペプシコ(米)、キューリグ・ドクター・ペッパー(米)、米飲料業協会(ABA)の17社。日本企業は参加していない。

【参照ページ】BIER FURTHER EVOLVES GREENHOUSE GAS (GHG) EMISSIONS SECTOR GUIDANCE

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る