【国際】WRI、国家向けの気候変動パラメトリック保険を分析。運用や資本増強面で提言 2019/09/06 最新ニュース

【国際】WRI、国家向けの気候変動パラメトリック保険を分析。運用や資本増強面で提言 1

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は9月2日、国家を被保険者とする気候変動パラメトリック保険に関するレポートを発行した。パラメトリック保険は、事前に設定された一定条件を満たした場合に、申請せずとも自動的に支払われるタイプの保険。気候変動により、経済及び人命へのリスクが高まり、国家財政への懸念が増大する中、パラメトリック保険が大きく注目されている。

 今回のレポートでは、カリブ海諸国災害リスク保険機構(CCRIF SPC)、アフリカン・リスク・キャパシティ(ARC)、太平洋災害リスク保険会社(PCRIC)の3機関が提供するパラメトリック保険を分析。途上国への迅速な保険金の支払、災害リスクの特定と管理を支援するツールの提供、災害リスク管理に関する政治的対話の促進の3つの機能について解説している。

 同レポートは、紹介したパラメトリック保険を適切に機能させるには、テクノロジーや人材、政治的エンゲージメントの強化が必要となると指摘。例えば、情報の最新化やユーザビリティの改善、利用者への研修等が不足しているとした。また、パラメトリック保険の資本増強のために、ドナーや国際開発銀行等がさらに積極的な役割を果たすべきだとし、採りうる政策オプションを複数提示した。

【参照ページ】The Future of Disaster Risk Pooling for Developing Countries: Where Do We Go from Here?
【参照ページ】The Future of Disaster Risk Pooling for Developing Countries: Where Do We Go from Here?

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る