private 【国際】国連機関とNGO、都市サステナビリティ「Urban Shift」発足。世界23都市が支援対象

Facebook Twitter Google+

 国連環境計画(UNEP)、地球環境ファシリティ(GEF)、世界資源研究所(WRI)、C40 Cities、持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会(ICLEI)は9月24日、2021年のクライメートウィーク・ニューヨークの中で、持続可能な都市空間のための新たな国際イニシアチブ「Uaban Shift」を発足した。国連開発計画(UNDP)、世界銀行、アジア開発銀行(ADB)も活動に協力する。  同イニシアチブは、 (さらに&helli [...]

» 続きを読む

private 【国際】G20諸国が1.5℃目標を達成すれば、世界の気温上昇は1.7℃に抑制可能。WRI等調査

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGO世界資源研究所(WRI)とクライメート・アナリティクスは9月16日、気候変動に関し、新たな調査結果を発表。世界の二酸化炭素排出量の75%を占めるG20諸国が、2030年までに1.5°Cに沿った野心的な排出削減目標を設定し、2050年までにカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)にすることができれば、今世紀末の世界の気温上昇を1.7°Cに抑えることができるとの見通しを示した。  両者は今回、 (さらに&hell [...]

» 続きを読む

【国際】オーステッドとWRI、エネルギー分野の2050年カーボンニュートラルに向け官民連携の必要性強調

Facebook Twitter Google+

 デンマーク電力大手オーステッドと国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は6月4日、気温上昇を1.5°C未満に抑えるため、エネルギー分野の脱炭素化を加速する規制や政策の施行等、官民連携の必要性を訴えたワーキングペーパーを共同発表した。11月に開催される第26回国連気候変動枠組条約グラスゴー締約国会議(COP26)に先立ち、2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)達成に重要な政策を示した。  両者は、太陽光発電・風 [...]

» 続きを読む

private 【国際】HSBC、WRI、WWF、気候ソリューションの事業化拡大で連携。アジアでの再エネ拡大も

Facebook Twitter Google+

 金融世界大手英HSBC、国際環境NGO世界資源研究所(WRI)、世界自然保護基金(WWF)の3者は5月20日、気候変動対策での新たな技術やプロジェクトへの支援を拡大するためのパートナーシップを締結すると発表した。ビジネス・イノベーション、自然を軸としたソリューション(NbS)支援、アジア地域での再生可能エネルギーへのエネルギー転換イニシアチブの3領域で連携する。  HSBCは2020年10月、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】ベゾス氏、1.1兆円アース・ファンドのCEOにWRIのスティアーCEOを任命。財団としての動き

Facebook Twitter Google+

 アマゾン創業者のジェフ・ベゾス氏は3月9日、国際環境NGO世界資源研究所(WRI)のアンドリュー・スティアーCEOを、同氏が創設した100億米ドル(約1.1兆円)の気候変動緩和基金「アース・ファンド」の理事長兼CEOに任命したと発表した。ジェフ・ベゾス氏は、2021年末にアマゾンのCEOを退任し、取締役会議長に専念することを表明しており、社会活動を本格化すると見られている。  ジェフ・ベゾス氏は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】WRI、直接空気回収(DAC)の技術動向、環境負荷、市場ポテンシャル分析結果発表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は1月6日、直接空気回収(DAC)技術の動向と市場ポテンシャルを分析した結果を発表した。DACは、年々注目度が大きくなっている技術。気候変動緩和のためには二酸化炭素排出量の削減が必要だが、気温上昇を1.5℃や2℃に抑えるためには、もはや排出削減や森林破壊削減だけでは対策が不十分であることもわかってきている。WRIは今回、二酸化炭素除去(CDR)技術の一つとして、DACの重要性が高まっていると見 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WRI、再生可能天然ガスの市場ポテンシャルや重要論点について政策者向けペーパー発表

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は12月17日、各国の政府関係者向けに、再生可能天然ガス(RNG)に関する政策ワーキングペーパーを発表した。再生可能ガスは、植物素材や家畜排泄物等をガス燃料として、二酸化炭素排出量削減効果があるが、他の課題もあるため、今回重要な論点を提示した。  今回のペーパーは、 (さらに…)

» 続きを読む

【南アフリカ】政府とWRI、都市のグリーンリカバリー推進で提携。新型コロナからの経済復興策検討

Facebook Twitter Google+

 南アフリカの協働統治・伝統問題省協働統治局、世界資源研究所(WRI)のRoss Center for Sustainable Cities、国際的な持続可能な都市構築イニシアチブCoalition for Urban Transitionsの3者は10月30日、新型コロナウイルス・パンデミックからのグリーンリカバリーを実現するため、新たなパートナーシップを締結した。政府、自治体、NGO、国際団体等が協働し、復興策の在り方を検討する。 [...]

» 続きを読む

private 【国際】WRI、外食向けにクール・フード・ミール認証リリース。メニュー当たりのCO2で基準値

Facebook Twitter Google+

 国際環境NGOの世界資源研究所(WRI)は10月14日、飲食店の低炭素型メニューに対する認証制度「クール・フード・ミール」を発表した。パリ協定達成のために、WRIが2030年までに必要と考える基準を満たすメニューに対し、同認証を付与する。  同認証は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【アメリカ】企業・NGO・州政府のイニシアチブ、連邦議会にグリーンリカバリーの具体策提言

Facebook Twitter Google+

 米中西部とメキシコ湾岸諸州の業界横断イニシアチブ「産業イノベーション・イニシアチブ(I3)」は7月23日、新型コロナウイルス・パンデミック経済復興で気候変動対策を重視するグリーンリカバリーを求める提言を書連邦議会に提出したと発表した。パンデミックからの堅調な回復を促進し、高賃金の雇用基盤をサポートすると同時に、アメリカの産業が二酸化炭素排出量削減に向けた画期的な対策に取り組むことを推奨している。  I3に参画している企業・NGO・州 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る