【国際】EcoVadis、プライベートエクイティファンドから220億円の出資 2020/01/15 最新ニュース

【国際】EcoVadis、プライベートエクイティファンドから220億円の出資 1

 サステナビリティ・サプライチェーン評価世界大手仏EcoVadisは1月9日、米プライベートエクイティCVC Growth Partnersから2億米ドル(約220億円)の出資を受けたと発表した。

 EcoVadisのデータを活用している企業は、現在450社以上。分析企業数は155ヵ国6万社に及ぶ。2019年だけでも1万社が増え、新たに東京、サンフランシスコ、メルボルンにもオフィスを開設した。

 今回の出資は、CVC Growth Partnersの2号ファンドからの出資案件第1号となった。ESGを通じた価値創造の可能性を感じ投資したとコメントしている。同社のジョン・クラーク・マネージングディレクターが、EcoVadisの取締役に加わる。

 ESG評価機関は、大手企業による買収が相次ぐ中、EcoVadisはプライベートエクイティからの出資による事業成長を目指す。

【参照ページ】EcoVadis Secures c. $200M Investment from CVC to Accelerate Adoption of Sustainability Ratings Throughout the Globalized Economy

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る