private 【国際】運用額世界3位SSGA、ESGが不十分な企業の取締役再任に反対する方針。日本企業も対象 2020/02/03 最新ニュース

 運用世界大手米ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)のサイラス・タラポールヴァラCEOは1月28日、投資先企業の取締役に対し書簡を送付。2020年は、ESGに関する取締役とのエンゲージメントを引き続き活発化させ、さらにエンゲージメントに応じない企業に対しては、議決権行使を通じた企業の対応変化も辞さないと語った。SSGAは、運用残高3.1兆米ドル(約340兆円)で世界第3位。

 SSGAは、3年前にも取締役に対し、ESG全般でのサステナビリティ考慮を要求する書簡を送付している。その後も、気候変動、労働慣行、消費者保護等でのアクションを強化することで、株主価値は向上しているとの見解をさらに強め、今回の書簡送付へと繋がった。SSGAは、ESGは企業にとって長期戦略の「オプション」ではなく「必須」と見做している。

 SSGAは、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る