【イギリス】原子力廃止措置機関、迅速で安全な原発廃炉推進で目標設定。廃棄物削減やデジタル化等 2020/02/06 最新ニュース

【イギリス】原子力廃止措置機関、迅速で安全な原発廃炉推進で目標設定。廃棄物削減やデジタル化等 1

 英原子力廃止措置機関(NDA)は1月30日、古くなった原子力発電所の迅速で安全な廃炉に向け、技術革新目標「グランドチャレンジ」を設定した。既存テクノロジーのイノベーティブな利用と、新しい効率的アプローチを推進しつつ、コストも減らす。

 同機関は今回、生産性、効率性、有効性を改善するための4分野を設定した。

廃棄物の削減
 原子力廃棄物のリサイクルおよび再利用を増やし、廃棄物の総量を削減する。

スマートインフラ
 自動化技術を活用し、資産および建物を積極的かつ効率的に管理する。

人間の有害回避
 自律システム、ロボティクス、ウェアラブル技術を活用し、人間が危険な場所へ立ち入る必要性を削減する。

デジタル活用
 データを活用したデジタル化により、計画、研修、意思決定を改善する。

 また同機関は2030年までの達成目標として以下を掲げた。

  • 廃炉および洗浄過程で発生した廃棄物の50%をリサイクルする
  • 除染に伴う二次廃棄物を70%以上削減する
  • 全新築施設は、2030年までに再生可能エネルギーですべての電力を賄い、セルフモニタリング機能も備え、ライフタイムコストを50%削減する
  • 廃止措置活動のうち、人間が担う危険な場所での作業を50%削減する

【参照ページ】NDA sets out its Grand Challenges

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る