【日本】ファミリーマート、加盟店に24時間営業停止を許可。人手不足対応。社内ではリストラ進む 2020/02/07 最新ニュース

【日本】ファミリーマート、加盟店に24時間営業停止を許可。人手不足対応。社内ではリストラ進む 1

 ファミリーマートは2月4日、コンビニエンスストアの代名詞であった24時間営業について、時短営業のガイドラインの概要を公表した。3月から申請を受付、6月から運用する。同社は2019年7月、全国のフランチャイズチェーン(FC)加盟店に対して実施した24時間営業についてのアンケート調査で、回答した1万4,572店のうち、約半数にあたる7,039店が、営業時間短縮を「検討したい」と回答したことを公表していた。

【参考】【日本】ファミリーマートFC加盟店、半数が時短営業を「検討したい」。12月以降に方向性示す(2019年7月30日)

 今回発表のガイドラインでは、加盟店オーナーは、本部と事前協議した上で、24時間営業をしない時短営業を毎日実施するか、24時間営業を維持しつつ日曜日を休みにするか、2つの選択が可能となる。時短営業は、23時から翌7時までで閉店時間を30分単位で設定できる。本部に申し込んでから3ヶ月後から時短営業が可能となる。開始から3ヶ月間は試行期間とし、その後、加盟店が最終決定する。

 但し、年末年始等の特定時期のみの時短営業や曜日毎の営業時間の変更は認めないと規定した。また、1度決めた営業時間は1年間変更できない。

 一方、同社では早期退職制度が実施していることも明らかになった。枠は設定された800人を超える応募が殺到しているという。企業側は、募集期間を2月10日から21日までとしていたものを、混乱を避けるため2月3日から7日まで時間を短縮して前倒しする。ダイヤモンド誌によると、すでに1月時点で、1,500人近い社員が応募意向を示しているという。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る