【国際】IOC、東京五輪中止に備え990億円の積立基金があると発表。万が一の場合に備え 2020/02/27 最新ニュース

【国際】IOC、東京五輪中止に備え990億円の積立基金があると発表。万が一の場合に備え 1

 国際オリンピック委員会(IOC)は2月26日、新型コロナウイルスの影響で2020年東京夏期オリンピックが中止になった場合に備え、8.98億米ドル(約990億円)の積立基金があることを明らかにした。万が一の事態に備えての用意だという。

 今回のファンドは、オリンピックに収益を依存する各種スポーツの国際連盟をサポートするために設置された。この種のスポーツ連盟には、柔道、バレーボール、水球などがあるという。

 積立基金は2001年に1.05億米ドルで設定され、2008年までに4.22億米ドル積み立てられていた。過去4年間のIOCの歳入は57億米ドルで、そのうち73%が夏季五輪や冬季五輪の放映権に依存している。獲得した歳入のうち5.4億米ドルは各種スポーツの国際連盟に、5.4億米ドルは各国のオリンピック委員会に拠出されている。オリンピックが中止になった場合、IOCの歳入が激減し、各スポーツ関連機関に資金拠出ができなくなる場合に備え、積立がされている。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (10)

ページ上部へ戻る