【国際】ストックホルム環境研究所、SDGsの相互連関可視化ツール「SDG Synergies」発表 2020/07/08 最新ニュース

【国際】ストックホルム環境研究所、SDGsの相互連関可視化ツール「SDG Synergies」発表 1

 スウェーデンのストックホルム環境研究所(SEI)は6月30日、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を戦略的かつ効率的に実現するために、目標の相互の連関を可視化したウェブツール「SDG Synergies」を発表した。

 SEIは2019年5月、「SDG Synergies」の手法を発表し、これまでにコロンビアやモンゴルの政府が活用。他にも、資源採掘産業、エネルギー産業、大学教育、EUの環境目標設定、SDGs進捗レポート等にも活用されてきた。

 SDGsで掲げられている目標を達成するためには、資金、時間、人的資源等のあらゆる面で効率的なインパクト追求が求められる。SEIは今回、幅広くツールを活用してもらうため、無料でアクセスできるツールを開発することとした。同ツールは目下開発中だが、まもなくリリースされる模様。

【参照ページ】SEI launches SDG Synergies official website
【ツール】SDG Synergies

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る