【インド】グーグル、インドで1兆円のデジタライゼーション促進投資。モディ首相とも連携 2020/07/15 最新ニュース

【インド】グーグル、インドで1兆円のデジタライゼーション促進投資。モディ首相とも連携 1

 IT世界大手米アルファベットのスンダー・ピチャイCEO(グーグルCEOも兼任)7月13日、今後5年から7年でインド企業やインド・インフラ整備に約100億米ドル(約1.1兆円)投資すると発表した。専用の「Google for India Digitization Fund」を創設し、インドのデジタライゼーションを後押しする。

 今回の発表は、グーグル毎年インドで開催している大規模イベント「Google for India」の中で、ピチャイCEOが、インドのナレンドラ・モディ首相との対談の中で明らかにした。Google for Indiaは今年は新型コロナウイルス・パンデミックの影響を受け、オンライン開催となっった。

 ピチャイCEOは、自身もインド出身。対談の中では、テクノロジーのおかげで、自身の人生にとって新たな世界を広げたと伝え、インド人にとってのテクノロジーの重要性を語った。特に、自身が若い頃には、テクノロジーがインドにやってくることを待ちわびていたが、今ではインドから世界にテクノロジーを広げていく時代になると述べ、インドのテクノロジー社会は非常に有望との見方を伝えた。

 今回の発表では、投資先としてデジタライゼーションの関係する4つの分野を示した。

  1. インド国内の諸言語での情報をアフォーダブルな価格でアクセスできるようにする
  2. インド人のニーズに深く関連した製品やサービスを創出する
  3. 企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を支援する
  4. 医療、教育、農業等の社会性の高い分野にテクノロジーやAI(人工知能)を活用する

 モディ首相は、「デジタル・インド」という政策ビジョンを掲げており、今回のグーグルの支援は、インド政府の政策を後押しするものとなる。今回の投資でも、インド政府や幅広いインド企業と協働していくと表明した。

【参照ページ】Investing in India’s digital future

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る