【国際】英開発金融CDCグループ、南アフリカとインドで脱化石燃料の公正な転換プロジェクト始動 2021/02/10 最新ニュース

【国際】英開発金融CDCグループ、南アフリカとインドで脱化石燃料の公正な転換プロジェクト始動 1

 英連邦開発公社CDCグループは1月20日、南アフリカとインドで、脱化石燃料で影響を受ける雇用転換をスムーズに進めるプロジェクト「公正な転換・金融ロードマップ(Just Transition Finance Roadmap)」を発足した。

 南アフリカとインドは、世界有数の石炭産出国で、気候変動緩和アクションで地域社会や雇用に大きな影響が出る国。石炭火力発電への依存度も高い。そのためスムーズな産業転換を実現でなければ、不平等の拡大や経済発展の逆行のおそれがある。

 同プロジェクトには、南アフリカの独立系経済シンクタンクのTrade and Industrial Policy Strategies(TIPS)とNational Business Initiative(NBI)、インドの独立系シンクタンクObserver Research Foundation(ORF)、インド国立公共財政政策研究所(NIPFP)、英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)のグランサム研究所、ハーバード・ケネディ・スクールの責任投資イニシアチブも参画する。

 同プロジェクトでは、影響を受ける関係者を包摂し形での産業転換を進めるため、労働者、労働組合、金融機関、投資家、受益者等の幅広いステークホルダーを巻き込んだ対話を行い、ベストプラクティスを追求。特に、雇用創出、ジェンダー平等、スキル開発等の分野で政策が介入すべき分野を見極めていく。

【参照ページ】Just Transition Finance Roadmaps in South Africa and India: Project launch – video

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る