private 【国際】ICMM、尾鉱ダム国際基準の監査基準と実践ガイドを発行。企業の遵守を後押し 2021/07/03 最新ニュース

 国際金属・鉱業評議会(ICMM)は5月6日、尾鉱ダムの安全性と透明性の改善で業界スタンダードの監査基準と実践ガイドを発行した。ICMMは2020年に、国連環境計画(UNEP)と国連責任投資原則(PRI)と共同で、世界初となる鉱滓ダムに関する国際基準を策定。今回のドキュメントを、同国際基準の実効性を向上するためのもの。

【参考】【国際】ICMM、UNEP、PRI、尾鉱ダムの国際基準発表。ブラジル事故で問題意識高まる(2020年8月9日)

 ICMMの加盟企業は、2020年策定の国際基準「Global Industry Standard on Tailings Management」を、リスクが「極めて高い」「非常に高い」施設については2023年8月までに、その他の施設では2025年8月までに遵守することにコミットしている。

 今回策定された監査基準「Conformance Protocols」は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る