【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、「SDG Index & Dashboards 2022」発表。日本19位で史上最下位 2022/06/21最新ニュース

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、「SDG Index & Dashboards 2022」発表。日本19位で史上最下位 1

 独最大財団のベルテルスマン財団と持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)は6月2日、各国の国連持続可能な開発目標(SDGs)達成状況を分析したレポート「SDG Index and Dashboards Report」の2022年版を発行した。同レポートは2016年から発行しており今年で7回目。163カ国について分析した。

SDG Index 2022

  1. フィンランド(86.51)
  2. デンマーク(85.63)
  3. スウェーデン(85.19)
  4. ノルウェー(82.35)
  5. オーストリア(82.32)
  6. ドイツ(82.18)
  7. フランス(81.24)
  8. スイス(80.79)
  9. アイルランド(80.66)
  10. エストニア(80.62)
  11. 英国(80.55)
  12. ポーランド(80.54)
  13. チェコ(80.47)
  14. ラトビア(80.28)
  15. スロベニア(79.95)
  16. スペイン(79.90)
  17. オランダ(79.85)
  18. ベルギー(79.69)
  19. 日本(79.58)
  20. オランダ(79.23)

 上位3位は、多少の順位の入れ替わりはあったが、今年も北欧3カ国が独占した。その後も欧州勢が続く状況も変わらず。日本は昨年からさらに1つ順位を落とし19位だった。日本は、2015年に経済協力開発機構(OECD)34カ国のみが対象で13位だったが、2016年以降の順位では、2016年が18位、2017年が11位、2018年が15位、2019年が15位、2020年が17位、2021年が18位、2022年が19位と順位を落としてきている。スコアそのものも2022年は下がった。

 日本の状況は、目標4「教育」、目標9「産業・イノベーション・インフラ」、目標16「平和と正義」では、全ターゲット達成で「グリーン」評価。一方、目標5「ジェンダー平等」、目標12「作る責任、使う責任」、目標13「気候変動」、目標14「海洋生態系」、目標15「陸上生態系」、目標17「パートナーシップ」では、最低の「レッド」評価で、目標12が加わった。改善傾向度ではひとまず下落傾向の評価はなかった。

【国際】ベルテルスマン財団とSDSN、「SDG Index & Dashboards 2022」発表。日本19位で史上最下位 2
(出所)SDG Index

【参照ページ】SDG Index

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links