Skip navigation
サステナビリティ・
ESG金融のニュース
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【アメリカ】ニューヨーク州、暗号通貨マイニングを一部2年間停止。全米州初の州法

【アメリカ】ニューヨーク州、暗号通貨マイニングを一部2年間停止。全米州初の州法 1

 米ニューヨーク州のキャシー・ホークル知事は11月22日、暗号通貨(仮想通貨)のマイニングを一時的に禁止する州法案に署名。同法が成立した。米国の州で同様に州法が成立されたのは今回が初。

 同州法は、暗号通貨(仮想通貨)のマイニング行為に大量の電力を消費することを問題視。もともとは、暗号通貨マイニングを行うため、グリーニッジ石炭火力発電所の更新許可申請が発端で、州政府は気候変動観点から決定を延期。州法制定の機運が高まり、最終的に、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)型で暗号通貨マイニングのために化石燃料火力発電を再開または稼働させる行為を、2年間モラトリアム(一時停止)することを決めた。

 同州法案は、ニューヨーク州上院と下院を6月2日に通過。環境団体等が主張する一方、暗号通貨業界は反対活動を展開していた。しかしホークル知事は、反対活動も考慮し、しばらく署名を躊躇っていた。その後、ホークル知事は11月8日の中間選挙で再選を果たし、今回署名に踏み切った。ホークル知事は、他にも保留していた州法案への署名の是非を期限内に判断する考え。

【参照ページ】Senate Bill S6486D

author image

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
  • 重要ニュースをウェビナーで分かりやすく解説※1
さらに詳しく ログインする

※1:重要ニュース解説ウェビナー「SJダイジェスト」。詳細はこちら

"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。