Sustainable Japan QUICK ESG研究所

社会的インパクト投資 2015/07/28 辞書

社会的インパクト投資とは、貧困、教育、福祉、環境などの分野における課題解決を図り、社会的リターンと経済的リターンの双方を求める投資行動です。投資は先進国および途上国にて社会問題や環境問題の解決を使命とする企業、NGO・NPO・ファンドに対して行われ、投資により各事業を支援することでこれらの分野に好循環を起こすことを狙いとしています。

2007年に初めて導入されたこの概念は、2009年に米国にてグローバル・インパクト・インベスティング・ネットワーク(GIIN)が設立されて以来、急激に広がりました。当初は途上国において貧困削減のためのマイクロファイナンスが拡大したこと、先進国ではグローバル経済が新興国市場を新たなマーケットとしてとらえ始めたことが、この投資スタイルの発展をけん引しました。

近年では途上国のみならず、先進国における貧困解決、若年層支援等にも活用されはじめ、とりわけリーマン・ショックに端を発した世界金融危機を境に欧米の投資家の間でより長期における社会的利益を重視した動きが広がったことから、グローバル大手の各金融機関もこの投資スタイルを事業に取り込み始めました。

参考サイト

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る