【アメリカ・イギリス】モルガン・スタンレー、プロボノ活動で14非営利団体を支援 2016/04/07 最新ニュース

morgan-stanley

 世界的金融大手モルガン・スタンレーは3月23日、同社が2009年から実施しているプロボノ・プログラム「Strategy Challenge」の2016年度活動を発表した。同社は米国と英国のNGO14団体を選出、今後8週間同社の従業員がプログラムに参加しNGOが実施する活動の発展を支援する。

 同社は2009年にこの活動を開始して以来、合計で90団体にプロボノ・サービスを提供。従業員ののべ活動時間は56,000時間、給与に換算すると860万米ドル(約9億6,000万円)相当の労働量だという。「Strategy Challenge」では、大きな社会的インパクトを与えられる団体が自主応募形式で選出される。その後、同社の執行役員からアソシエイトレベルまでの幅広い従業員の中から、各団体のテーマに相応しいメンバーが4人選抜されチームを形成する。
従業員は、通常業務と並行でプログラムに参加し、財務分析や戦略構築の専門性を活かし、団体の戦略策定、戦略導入、意思決定ツールの提供などを行う。同時に、従業員が持っているビジネスネットワークも提供していく。プログラムの最後では、各チームが同社の経営陣の前で実施内容や成果を発表し、優秀なチームが表彰される。この活動を通じて、参加団体は、生産性を向上したり活動をスケールさせていくことに繋がっているという。

 今年選抜された参加団体は、

◯ ニューヨーク

  • Brooklyn Free School: 社会主義をミッションとするフリースクール
  • El Taller Latino Americano: オープンスペース運営
  • Global Goods Partners: 貧困削減を目指すNPO
  • Harlem Lacrosse and Leadership: 子供たちへの教育NPO
  • Jumpstart for Young Children: 就学前児童に言語、リテラシー、情動性を教育する団体
  • National Eating Disorders Association: 食生活改善を支援する団体

◯ ニュージャージ州

  • Institute for Entrepreneurial Leadership: 街の内発的な経済発展を支援する団体
  • The Andrew Goodman Foundation: 若者の声を民主主義に反映させることを目指す団体
  • York Street Project: 女性や子どもたちの貧困脱却を支援する団体

◯ ロンドン

  • Centrepoint: 住居のない若者に就職や住居確保を支援するチャリティー
  • Coram: 子供たちに健康や教育を届けるチャリティー
  • NSPCC: 児童搾取から児童を解放する活動を行う団体
  • The Future Leaders Trust: 子供たちに公平や選択・機会の提供を目指す団体
  • Tower Hamlets Education Business Partnership: 学生とビジネスの場をつなぐ教育チャリティー団体

【参照ページ】Morgan Stanley Strategy Challenge to Benefit 14 Nonprofit Organizations in U.S. and UK
【活動サイト】Stanley Challenge

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る