【国際】独シーメンス等9社、サイバーセキュリティ分野で「信頼憲章」発足。政府にも協働呼びかけ 2018/02/21 最新ニュース

 総合電機世界大手独シーメンス他9社は2月16日、安全保障分野での世界最大の国際シンポジウム「ミュンヘン安全保障会議」で、サイバーセキュリティに関する信頼憲章「Charter of Trust」に署名した。同憲章の内容は、サイバーセキュリティに関する信頼を醸成しデジタル化をさらに進展させるための10分野の共通ルールや基準。署名した残り8社は、仏エアバス、独アリアンツ、独ダイムラー、米IBM、蘭NXPセミコンダクターズ、独ドイツテレコム、スイスSGS。カナダのクリスティア・フリーランド外相やEUのエルジビエタ・ビェンコフスカ域内市場・産業・起業・中小企業担当欧州委員も立ち会った。

 サイバーセキュリティは今年の安全保障会議における重要議題の一つ。カナダ外相は、2018年のG7カナダ・シャルルボワ・サミットにおいても、サイバーセキュリティが議題になると述べた。今回の憲章は、政府と企業双方に対し、協働した対策を呼びかける内容となっている。

 憲章の概要は、

  1. オーナーシップ:閣僚や最高情報セキュリティ責任者(CISO)の主導
  2. デジタルサプライチェーン上の責任:企業や政府は全IoT(自動運転やロボット等)でリスクベースの適切な防御ルールの策定
  3. デフォルト化:全製品、機能、プロセス、技術、運営、設計、ビジネスモデルで最高度のサイバーセキュリティの導入
  4. ユーザー中心:消費者のニーズ、インパクト、リスクの尊重
  5. イノベーション:企業と政府関係者の共通理解に基づく新たな脅威に対するイノベーション
  6. 教育:大学、専門学校等でのサイバーセキュリティ教育
  7. 認証:基幹インフラやIoTでのサイバーセキュリティ第三者認証の取得
  8. 透明性:業界団体での最新の情報収集
  9. 規制枠組み:公正な競争環境のためのサイバーセキュリティに関する多国間自由貿易規定の推進
  10. 共同イニシアチブ:全関係者間の共同イニシアチブの推進

【参照ページ】Siemens and partners sign joint charter on cybersecurity
【憲章】Charter of Trust

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る