【フランス】BNPパリバ・アセット・マネジメント、たばこダイベストメントを決定 2018/03/08 最新ニュース

 金融世界大手仏BNPパリバの運用子会社BNPパリバ・アセット・マネジメントは3月1日、同社が管理する全てのアクティブ運用型集合投資スキーム(投資信託等)で、たばこ関連企業を除外すると発表した。同社は2002年から全ての集合投資スキーム商品に対しESG投資方針を適用。すでに問題性のある武器とアスベスト関連企業に対する除外しているが、今回たばこ関連企業を追加することに決めた。2018年末までに段階的に保有株を売却する。

 たばこ銘柄を除外することについては、たばこによる世界的な健康被害をあげた。たばこ原因の死者数は世界で年間700万人。また、たばこに対しては公衆衛生や人権侵害の懸念もあり、WHOの試算では年間で1兆米ドルの対策コストがかかっている。BNPパリバグループ全体でも2017年11月に、たばこ関連企業への直接投融資を停止する判断をすでに下している。

【参照ページ】BNP Paribas Asset Management extends tobacco exclusion policy

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る