【国際】気候債券イニシアチブCBI、グリーンボンド国債の発行解説レポート発行 2018/03/29 最新ニュース

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの英CBI(気候債券イニシアチブ)は3月27日、グリーンボンド国債の発行解説レポート「Soverign Green Bond Principles」を発行した。同レポートには、過去に発行されたグリーンボンド国債を分析し、今後発行する国に向けてのアドバイスを提示している。

 これまでにグリーンボンド国債を発行した国は、ポーランド、フランス、フィジー、ナイジェリア、インドネシア、ベルギーの6ヶ国。今回の報告書では、このうちインドネシアを除く5ヶ国での状況を分析した。また、グリーンボンド地方債を発行したオーストラリア・ビクトリア州、独ノルトライン=ヴェストファーレン州、米カリフォルニア州、仏イル=ド=フランス地域圏の分析も行った。

 同レポートは、各国がグリーンボンド国債を発行した狙いとして、7つを挙げた。

  1. 戦略的協働:グリーンボンド発行準備を通じて政府内の各部局の政策調整をスムーズ化
  2. 投資家ダイバーシティ:これまでとは異なる投資家の獲得
  3. 価格メリット:国債発行時の条件向上
  4. ブランディング:評判向上
  5. グリーン金融市場創造:国内でのグリーンファイナンス市場の活性化
  6. 民間資金動員:環境分野に民間資金を呼び込み
  7. 国際的リーダーシップ:発行経験を踏まえて各国への指導的地位を獲得

 また、グリーンボンド国債の発行手順として7つのステップをまとめた。

  1. 政府内ステークホルダー・エンゲージメント:各省庁及び各大臣との目的調整。時には政府外関係者とも
  2. グリーンボンド・フレームワークの確立
  3. 使途として用いる政策の特定
  4. 第三者評価機関によるセカンドオピニオン獲得
  5. グリーンボンド発行
  6. モニタリングと報告
  7. 継続的な発行

【参照ページ】Sovereign GBs, Case Studies from 2017/18:The 7 Steps to Issuance:New Climate Bonds Paper

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る