【スイス】ネスレ、世界中の子供を対象とした健康プログラム発表。栄養改善と栄養教育 2018/05/20 最新ニュース

 食品世界大手スイスのネスレは5月15日、世界中の子供を対象としたプログラム「Nestlé for Healthier Kids」を発表した。同プログラムは、健康的な食品と家庭の栄養教育を開発するためのもの。2030年までに5,000万人の子供を支援することを目標とする。

 ネスレは以前から健康問題に取り組んでいる。2017年だけで子供の栄養需要を満たすために1,000商品を新規に発売。さらに66ヶ国で鉄分やビタミンA等必須微量栄養素が不足している子供に向け、強化食品や飲料を1,740億食分提供した。また、毎年製品の栄養成分の見直しを進めており、すでに3分の1の商品が必須微量栄養素の増量や、砂糖、塩分、飽和脂肪酸の減量等の成分変更を実施した。

 今回の新たな宣言では2020年までの達成目標を掲げた。まず、製品群に野菜を80g増量、製品群に食物繊維が豊富な穀物、豆類を16g増量、糖分を2020年比で34%減量、塩分を2005年比で20%減量、世界保健機関(WHO)基準に満たない関連製品において飽和脂肪酸を10%削減。

 栄養学提供のため、2017年には世界中で講習会を開催。300人以上のパートナーと協働し、1,400万人の子供が同社のプログラムを受講した。今後もこの活動を続けていく。

【参照ページ】Nestlé launches global initiative to help children lead healthier lives

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る