【日本】環境省、トリクロロエチレン基準を年0.13mg/m3以下に強化。発がん性研究の結果 2018/11/22 最新ニュース

 環境省は11月21日、トリクロロエチレンによる大気の汚染に係る環境基準について、「年平均値0.2mg/m3以下」から、「年平均値0.13mg/m3以下」に規制強化したと発表した。環境省告示「ベンゼン等による大気の汚染に係る環境基準について」を改正した。発がんのおそれ。

 トリクロロエチレンの環境基準は、1996年の中央環境審議会答申「今後の有害大気汚染物質対策のあり方について(第三次答申)」を踏まえ、1997年に「年平均値0.2mg/m3以下」として設定。しかし、2014年に国際がん研究機関(IARC)がトリクロロエチレンの発がん分類をグループ2A(ヒトに対しておそらく発がん性がある)からグループ1(ヒトに対して発がん性がある)に変更したこと等を踏まえ、2018年9月に中央環境審議会が基準値を引き下げるよう環境大臣に答申していた。

 トリクロロエチレンは、フロンガス代替物質の合成原料や部品工場での脱脂洗浄剤として主に使用されているが、発がん性が指摘されたことから、すでに使用されない方向に変わってきている。

【参照ページ】トリクロロエチレンによる大気の汚染に係る環境基準の改定について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る