【国際】世界銀行、2021年からの気候変動ファイナンス5カ年計画発表。23兆円投資。気候変動適応も重視 2018/12/06 最新ニュース

 世界銀行グループは12月3日、2021年から2025年までの気候変動ファイナンス5カ年計画を発表。気候変動対策に5年間で2,000億米ドル(約23兆円)投資する計画を明らかにした。特に、気候変動に脆弱な発展途上国を対象とする。今回の計画は、世界銀行グループが2016年に定めた「帰国変動アクションプラン」実現への一環。

 2,000億米ドルの内訳は、国際復興開発銀行(IBRD)と国際開発協会(IDA)による政府向けが約1,000億米ドル。国際金融公社(IFC)と多数国間投資保証機関(MIGA)による民間向けが約1,000億米ドル。これまでは気候変動対策の中でも、気候変動緩和向けのファイナンスが多かったが、今回は気候変動適応向けにも5年間で4分の1の500億米ドルを振り分ける。

 気候変動適応ファイナンスでは、世界の進捗状態を把握するため新たな評価枠組を開発し、包括的な適応プログラムの導入を目指す。ファイナンス分野では、発展途上国30カ国、合計2億5,000万人をカバーできる高品質の予測体制の支援、早期警戒システムの構築、気候関連情報システムの整備や、40カ国での気候変動からの社会保護システムの確立、20カ国での気候変動に適応した農業投資等が含まれる。

 世界銀行グループは2018年、気候変動分野に205億米ドルを投資。パリ協定前年の2014年と比較すると倍増し、2020年目標を2年前倒しで達成した。今回のプランでは、20カ国以上でのパリ協定の公式自主的削減目標(NDC)の導入や改正の支援も行う。再生可能エネルギー発電36GWの建設も支援する。

【参照ページ】World Bank Group Announces $200 billion over Five Years for Climate Action

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る