【EU】欧州議会、食品サプライチェーンの下請企業保護法案可決。今後EU理事会で審議 2019/03/15 最新ニュース

 欧州議会は3月12日、食品大手企業との不当な取引から農家や中小サプライヤーを保護するためのEU法案を可決した。今後、EU理事会での審議に移る。日本での下請法に類似する内容が盛り込まれている。

 今回のEU法案は、売上3.5億ユーロ(約440億円)以上の食品小売、加工、卸売、協同組合、生産者団体等が対象となる。禁止行為として、腐りやすい食品の支払遅延、直前での注文キャンセル、一方的または遡及効果のある契約変更、廃棄食品の買取強制、書面契約の拒否が盛り込まれた。また事前合意がある場合にのみ有効な行為として、売れ残り食品のサプライヤーへの返品、食品供給契約を維持するためのサプライヤーへの維持手数料課金、販促・広告
宣伝費のサプライヤー負担を盛り込んだ。

【参照ページ】Fairness in the food supply chain: Commission welcomes Parliament’s support to ban unfair trading practices

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る