【日本】ノルウェー運用大手ストアブランド、日本に脱石炭、再エネ推進を要求。CCS依存にもノー 2019/06/01 最新ニュース

 ノルウェー金融大手ストアブランドの運用子会社ストアブランド・アセットマネジメントは5月29日、脱石炭及び再生可能エネルギー推進を求めるメッセージを国際的なメディア・ネットワーク団体「Project Syndicate」上で発信した。経済大国であり、今年のG20議長国として国際的なリーダーシップを発揮するべきだとした。

 同メッセージでは、日本政府や日本の産業界が「気候変動対策」として推進する高効率石炭火力発電と炭素回収・貯蔵(CCS)技術を否定。CCSに関しては、全く実現する見通しのない技術として、CCSに頼って石炭火力を推進する姿勢を切り捨てた。さらに、「経団連」に言及し、石炭推進のためのロビー活動を協力に推し進めていると批判した。加えて、G7の中で国内で石炭火力発電所を新設しようとしているのは日本だけだと述べるとともに、海外の石炭火力発電所にファイナンスしているのは、日本と中国、韓国だと非難した。

 また、石炭火力発電へのファイナンスに対しては、日本生命保険、第一生命保険、明治安田生命保険が石炭火力発電への融資を控える姿勢を示し、三井住友トラスト・ホールディングスと三菱UFJフィナンシャル・グループもファンナンスを停止したことを紹介。日本国内で石炭火力発電所の新設を断念する事例が相次いでいるとプラスの材料も伝えている。

 ストアブランド・アセットマネジメントは、原子力発電については触れてはいないが、高効率石炭火力やCCSへ投資している分を、再生可能エネルギーへ投資すべきという考えを明確に示した。

【参照ページ】Japan’s Government Must Exit Coal

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る