【アメリカ】EPA、FEMA運営の自然災害リスク緩和プログラム「NMIS」に参画。大学・NGOとも連携 2019/08/22 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)は8月15日、連邦緊急事態管理庁(FEMA)が運営する異常気象等の自然災害の被害緩和プログラム「国家緩和投資戦略(NMIS)」に参画すると発表した。NMISは、連邦政府、地方政府、大学、NGO等が連携することで、連邦政府の緩和予算の効果を最大化させる取組。

 NMISでは、被災者、財産損害、経済及び環境への損失を減少させるため、提言をまとめている。米国では、トランプ政権自身は異常気象と気候変動の連関性を認めていないが、異常気象災害は増加しており、連邦政府としても対策を講じざるをえなくなってきている。

【参照ページ】EPA Announces Federal Partnership to Build Nationwide Resilience to Natural Disasters

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る