【日本】住友商事、石炭火力発電と一般炭鉱山の新規開発を原則禁止。バンフォンは着工 2019/08/30 最新ニュース

【日本】住友商事、石炭火力発電と一般炭鉱山の新規開発を原則禁止。バンフォンは着工 1

 住友商事は8月26日、気候変動問題に対する方針を見直し、新規の石炭火力発電事業の開発を基本的に行わない方針を表明した。また、一般炭鉱山開発事業でも、現在の持分生産量を上限とし、新規開発は行わない方針を定めた。

 今回の新方針では、「事業を通じて、社会の持続可能な発展に必要な、気候変動問題の解決、カーボンニュートラルな社会の実現に貢献する」と標榜。発電事業全体では、持分発電量ベースで、2035年を目途に、石炭火力発電比率を50%から35%に下げる一方、ガス火力発電比率を30%から40%に、再生可能エネルギー比率を20%から30%に引き上げる方針を固めた。

 石炭火力発電の新規開発停止は、すでに、三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、双日も発表しており、ついに大手5社の最後の1社、住友商事もそれに続いた。

 但し、住友商事は、石炭火力発電の新規開発については、「地域社会における経済や産業の発展に不可欠で、国際的な気候変動緩和の取り組みや動向を踏まえた、日本国およびホスト国の政策に整合する案件は、個別に判断する」とし、今回、ベトナム・カインホア省バンフォン経済特別開発地区で超臨界圧(USC)石炭火力発電所(1.32GW)の建設に着工したと発表した。ベトナム電力公社(EVN)に対し25年間の売電を行うBOT(建設・運営・譲渡)方式。

【参照ページ】ベトナム Van Phong(バンフォン)1石炭火力発電所の着工について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る