【日本】東京労働局、リクルートキャリアの内定辞退率算出サービスを職安法違反と認定 2019/09/08 最新ニュース

【日本】東京労働局、リクルートキャリアの内定辞退率算出サービスを職安法違反と認定 1

 東京労働局は9月6日、リクルートキャリアが提供した「リクナビDMPフォロー」サービスについて、職業安定法及び同法の指針に違反していたと認定。同社に対し、行政指導を実施した。同社に対しては、すでに個人情報保護委員会も8月26日、同サービスが個人情報保護法に違反していると認定していたが、個人情報保護法に基づく個人からの同意取得だけでなく、同意を受けていたとしても問題性のある使い方と判断された。

【参考】【日本】リクルートキャリア、新卒選考・内定辞退可能性提供サービス廃止。個人情報取扱いへの示唆(2019年8月8日)

 東京労働局の指導では、業務の運営および体制の改善、必要な是正および再発防止策、学生からの問い合わせに対する真摯な対応等を要求。一方、リクルートキャリアとしては、すでに同サービスを廃止している。

 8月26日の個人情報保護委員会からの勧告では、「2019年9月30日までに、組織体制を見直し、経営陣をはじめとして全社的に意識改革を行い、具体的な措置の内容を同日までに報告する」「今後検討する新サービスにおいても、法に則り適正に個人データを取り扱うよう検討、設計、運用を行う」が要求された。

【参照ページ】『リクナビDMPフォロー』に係る当社に対する東京労働局による指導について
【参照ページ】個人情報の保護に関する法律に基づく行政上の対応について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る