private 【国際】CBI、気候変動適応のグリーンボンド・ローン原則CRP発行。インパクト定量評価を必須化 2019/09/30 最新ニュース

 グリーンボンド・ガイドライン策定の国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI)は9月23日、同機関の「適用・レジリエンス専門家グループ(AREG)」は、グリーンボンドやグリーンローン向けの気候変動適応原則「Climate Resilience Principles(CRP:気候レジリエンス原則)」を発行した。CBIは、グリーンボンドやグリーンローンの基準を気候変動適応を資金使途とするグリーンボンドやグリーンローンの適格性を判断する原則として機能する。 【参考】【国際】CBI、グリーンボンド分野の気候変動適応原則策定でハイレベル諮問委員会発足(2018年11月26日)  同原則は、CBI、世界資源研究所(WRI)、Climate Resilience Consultingが主導する形で、AREGで議論した結果。当該資金使途が、気候変動の目的に則した定量評価を行うことを必須としたこと等が柱。  今回の原則は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る