【アメリカ】ユナイテッド航空、代替燃料や脱炭素化技術開発に44億円投資。幅広い企業と連携 2019/10/29 最新ニュース

【アメリカ】ユナイテッド航空、代替燃料や脱炭素化技術開発に44億円投資。幅広い企業と連携 1

 航空世界大手米ユナイテッド航空は10月25日、化石燃料由来のジェット燃料に代わる代替燃料開発や脱炭素化技術開発に4,000万米ドル(約44億円)投資すると発表した。同社は今年初め、今後2年間で代替燃料を1,000万ガロン購入すると発表していたが、さらに幅広い企業と連携し、技術開発に拍車をかける。

 同社は、今後世界の航空需要は大幅に増加すると言われる中、2050年までに二酸化炭素排出量を2005年比で半減する目標を掲げている。すでに低燃費型の航空機開発にも毎年20億米ドル(約2,200億円)投資することも発表済み。

 同社は、代替燃料の商業利用を継続的に実施することを初めた世界初の航空会社。米バイオ・ジェット燃料開発Fulcrum BioEnergyに対し、同分野への航空会社の投資額としては最大規模となる3,000万米ドル(33億円)を出資している。しかし今回、気候変動に適応するという観点での世界トップの航空会社としての地位に甘んじることなく、気候変動と高かるリーディングカンパニーになることを決意したと、同社のスコット・カービーCEOはコメントした。

 同社は他にも、地上清掃車の電気自動車(EV)化や、機内で使用している使い捨てマドラーやカクテルピックを、竹製のものに切り替えるアクションも実施している。ボーイング社が開発した先分かれタイプの主翼「Split Scimitar」も世界初で初めて採用。標準タイプのものよりも燃費を2%向上できる。

【参照ページ】United Airlines Pledges $40 Million To Further Decarbonize Commercial Air Travel

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る