private 【国際】グリーンエコノミー同盟、世界20ヵ国の環境経済政策を分析。スウェーデンとコスタリカが高評価 2020/02/01 最新ニュース

 国際機関や国際NGOで構成するグリーンエコノミー同盟は1月23日、各国の環境経済政策を査定した結果を、世界経済フォーラムの年次総会「ダボス会議」で発表した。先進国だけでなく発展途上国の先進事例も多く取り上げた。  グリーンエコノミー同盟は、シンクタンク型のネットワーク組織で、構成団体には、国連環境計画(UNEP)、国際労働機関(ILO)、国際自然保護連合(IUCN)、世界自然保護基金(WWF)、国際環境開発研究所(IIED)、GRI、自然資産連合(NCC)、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)、森林管理協議会(FSC)、プラン・インターナショナル、オックスファム・インターナショナル等が名を連ねる。  今回発表した…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る