private 【フィンランド】ストラ・エンソ、木質繊維100%の食品容器発表。プラやPFASの使用ゼロ 2020/10/14 最新ニュース

 フィンランド製紙・木材大手ストラ・エンソは10月13日、木質繊維を加工した持ち帰り用食品容器を開発したと発表した。生分解性があるとともにリサイクルも可能。既存のプラスチック製食品容器に代わる製品として、サーキュラーエコノミー型の容器として販売していく。

 今回開発した木質繊維製容器「PureFiber」は、持続可能な植林を通じて栽培された木材を原材料とし、同社のHylte工場で生産。同社によると、従来型のプラスチック製容器と比べ、二酸化炭素排出量を75%削減できるという。また、PureFiberは、既存のプラスチック及びPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)製の製品を代替できるため、食品容器以外でも、農業、電子部品、消費財等の素材としても売り出していく考え。

 今回発表した食品容器は、フィンランド小売大手Tingstadで、すでに採用されることが決まっている。

【参照ページ】Stora Enso and Tingstad launch unique formed fiber food service bowls to replace plastics
【画像】Stora Enso

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る