【オランダ】ハイネケン、ビール「ソル」の生産で100%太陽光発電達成。新商品ラベルに明記 2020/11/06 最新ニュース

【オランダ】ハイネケン、ビール「ソル」の生産で100%太陽光発電達成。新商品ラベルに明記 1

 飲料世界大手蘭ハイネケンは11月4日、同社ビール「ソル」の製造で、使用電力が100%太陽光発電由来となったことを受け、同商品のラベルに「Brewed with Solar Energy(太陽光発電による醸造)」と記載すると発表した。同商品は今後、英国、オーストラリア、南アフリカ、ドイツ、フィンランド、スペイン、オランダ等50ヶ国以上で販売される。

 同社は、オランダ・ズーターファウデの工場に太陽光発電パネル9,212枚を設置。「ソル」のブランドイメージである太陽に合わせ、オランダのズーターファウデで醸造されたソルは、4月以降、太陽光発電による電力で製造されているという。

 同醸造所では、約300世帯の電力消費量1ヶ月分相当の電力を発電。送電網経由で近隣のコミュニティにも電力を供給している。同社は、2030年までに製造時の使用電力の70%を再生可能エネルギーに切り替えるサステナビリティ戦略「Brewing a Better World」を打ち出している。

【参照ページ】Taste the Sun with Sol, now Brewed with Solar Energy
【画像】heineken

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る