private 【アジア】インポッシブル・フーズ、シンガポールと香港の小売200店舗で代替牛肉販売開始 2020/11/12 最新ニュース

 植物由来の代替肉や乳製品を製造・販売している米インポッシブル・フーズは10月19日、香港とシンガポールの食料品店200店舗で代替肉「インポッシブル・ビーフ」の販売を開始すると発表した。同社の商品が米国以外の小売店で販売されるのは今回が初。

 インポッシブル・ビーフは、牛肉の代替肉。同社によると、生産農地は、牛肉比べて96%少なく、水消費量は87%削減、二酸化炭素排出量も89%削減することが可能。

 香港では、PARKnSHOPチェーンの100店舗で販売され、オンライン販売にも対応する。シンガポールでは、NTUC FairPriceチェーンの100店舗で販売され、ホームデリバリーにも対応する。希望小売価格は340gあたりそれぞれ88.9香港ドル(約1,200円)と16.9シンガポールドル(約1,300円)。

 アジア諸国のレストランではすでにインポッシブル・ビーフを導入しており、香港およびマカオでは約700店舗が同製品を使ったメニューを提供している。店舗数は提供開始の2020年1月からすでに150%増。また、シンガポールでは550店舗のレストランが同製品を導入しており、店舗数は2020年1月から120%増加した。

 インポッシブル・ビーフは、コーシャ(ユダヤ教徒が食べてよいとされる食事)、ハラルフード(イスラム教が食べてよいとされる食事)、グルテンフリー(小麦粉等のグルテンを含まなない)の認証も取得している。

【参照ページ】IMPOSSIBLE FOODS ACCELERATES INTERNATIONAL GROWTH AS FLAGSHIP PRODUCT DEBUTS IN ASIAN GROCERY STORES

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る