private 【フィンランド】カールスバーグ傘下シネブリチョフ、カーボンニュートラル実現。地元電力会社と協働 2020/12/19 最新ニュース

 飲料世界大手デンマークのカールスバーグ傘下のフィンランド飲料大手シネブリチョフは12月16日、フィンランド電力Keravan Energiaから、木質チップ残渣を活用したバイオマス発電電力の提供を2021年1月から開始し、同社工場の調達電力及び熱が100%再生可能エネルギーになると発表した。

 シネブリチョフは、北欧の国で最も古い現存の醸造所で1819年創業。1999年からカールスバーグ・グループ入りした。シネブリチェフは2015年から再生可能エネルギー電力の一部調達を開始していたが、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る