【日本】IIJ、パスワード付きzipファイル添付サービスの廃止表明。セキュリティリスク高める慣行 2021/11/17最新ニュース

【日本】IIJ、パスワード付きzipファイル添付サービスの廃止表明。セキュリティリスク高める慣行 1

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は11月15日、日本で汎く普及しているパスワード付きzipファイル添付メールのサービスを2022年1月26日から廃止すると発表した。パスワード付きのzipファイルについては、セキュリティ面での脆弱性が指摘されており、これまで普及させてきた大手が今回廃止に踏み切った形となった。

 パスワード付きzipファイル添付メールとは、メールにパスワード付きのzipファイルを添付して送信し、そのパスワードを別メールで通知する仕組み。「PPAP」とも呼ばれている。

 PPAPは、セキュリティ対策としての効果が薄いだけでなく、ウィルススキャンをすり抜けてしまうことから、米国のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁は受信ブロックを推奨。日本政府でも内閣府と内閣官房は2020年11月、自動暗号化ZIPファイルを廃止した。その後、企業でもFreeeがPPAPを廃止している。

【参照ページ】パスワード付きzipファイルが添付されたメールおよび別送のパスワード記載メール(PPAP)に対する当社運用の変更について
【参照ページ】平井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 令和2年11月24日

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links