【国際】アップル、App Storeでの2021年の不正防止対策結果公表。透明性情報 2022/06/07最新ニュース

【国際】アップル、App Storeでの2021年の不正防止対策結果公表。透明性情報 1

 米アップルは6月1日、App Storeでの2021年の不正対策状況を公表。不正アプリ及びアプリアップデートを160万個以上特定し、不正決済も15億米ドル(約1,900億円)以上防ぐことができたと表明した。

 同社のアプリレビューでは、コンピューターによる自動審査と人による手動審査を組み合わせている。コンピューター自動審査では機械学習等を活用。手動審査では、すべてのアプリケーションとすべてのアップデートをレビューし、プライバシー、セキュリティ、スパムに関するApp Storeのガイドラインに準拠していることを確認している。

 2021年には、新アプリ835,000以上と、アップデート805,000以上が申請を却下された。内容には、隠れた機能や文書化されていない機能を含んでいるものや、スパム、模倣、ユーザーを操作して購入させる等の危険なものも157,000以上あった。プライバシー観点での却下も343,000以上あった。一方で、新規開発者も107,000あった。

 またApp Storeの評価とレビューでの不正対策では、2021年に、10億件以上の評価とレビューが処理され、9,400万件以上のレビューと1億7,000万件以上の評価が公開ブロックを受けた。加えて、61万件のレビューが、顧客からの懸念通報と手動評価に基づき、公開後に削除された。

 不正デベロッパーのデベロッパーアカウント停止では、2021年に80万2,000以上。

 盗難クレジットカードの使用防止では、2021年に、330万枚以上の盗難カードでの決済を阻止。約60万件のアカウントに再決済を禁止することに成功しましたという。合計すると、未然防止は約15億米ドルにのぼる。
 
【参照ページ】App Store stopped nearly $1.5 billion in fraudulent transactions in 2021

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Links