【フランス】エンジー、CO2排出ゼロ戦略に向け大幅事業転換。再エネ・ガス注力。約20ヶ国からは撤退

Facebook Twitter Google+

 仏電力・ガス大手エンジーは2月28日、二酸化炭素排出量ゼロを掲げた戦略を発表した。再生可能エネルギー発電を大幅に強化するとともに、事業地域の選択と集中を実行し約20ヶ国から事業撤退する。  エンジーは現在、70ヶ国に展開し、従業員数は約15万人。2018年の売上は606億ユーロ(約7.7兆円)と東京電力を上回る。同社は2016年から「脱炭素」「デジタル化」「分権化」の3つを軸に事業改革を行っており、再生可能エネルギー、天然ガス、省エ [...]

» 続きを読む

【デンマーク】MHIヴェスタス、英東岸トライトン・ノール洋上風力から9.5MW級設備90基受注

Facebook Twitter Google+

デンマーク洋上風力大手MHIヴェスタス(MHI Vestas Offshore Wind)は9月4日、英国東岸の北海洋上で建設が進むトライトン・ノール(Triton Knoll)洋上風力発電プロジェクトから、世界最大設備容量9.5MWの洋上風力発電設備V164-9.5MWを90基受注したと発表した。MHIヴェスタスは、デンマーク風力大手ヴェスタスと三菱重工業の折半合弁企業。今回の受注が2014年の同社設立以来、最大規模の受注。  トラ [...]

» 続きを読む

【国際】大手建設企業ら11社、2030年までにエネルギー使用量を50%削減へ

Facebook Twitter Google+

 建設業界の大手企業ら11社は12月3日、持続可能な開発を目指すグローバル企業ら約200社で構成されるWBCSD(World Business Council for Sustainable Board:持続可能な発展のための世界経済人会議)の支援のもと、エネルギー効率化などを通じて建設時のエネルギー使用量を2030年までに50%削減するというアクションプランを公表した。    参加企業はアクゾノーベル、アルカディス、エンジー、インフ [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る