【国際】サステナビリティ・リーダーに最も必要なのは「価値基準」

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティリサーチGlobeScanおよびサステナビリティコンサルティングのSustainAbilityは5月28日、企業、NGO、政府の各分野においてサステナビリティ・リーダーと認識されている組織について分析した調査報告書"The full 2015 Sustainability Leaders report"を公表した。世界82ヶ国、800名以上のサステナビリティ専門家らに対するアンケートに基づく調査結果によると、企業がサ [...]

» 続きを読む

【パキスタン】安全な水を供給する「水ATM」を導入へ

Facebook Twitter Google+

 人口の35%が安全な水にアクセスできないパキスタンで、革新的なプロジェクトが進んでいる。それは、お金ではなく水を引き出すことができるATMの設置だ。取り組んでいるのはClean Water CompanyとInnovations for Poverty Alleviation Lab(以下、IPAL)で、パキスタンの水アクセス問題を改善するべく、革新的な「水ATM」導入に向けて着々と準備を進めている。太陽光を電力源とし、カードを使っ [...]

» 続きを読む

【国際】エネルギー・トリレンマの重点は2020年までにサステナビリティに移行。PwC調査

Facebook Twitter Google+

 グローバルコンサルティングファームのPwCは5月20日、電力・エネルギー企業を対象とする意識調査"A different energy future"を公表した。同調査では、今年の12月に開催予定の国連気候変動パリ会議(COP21)における国際的な合意により、エネルギー業界の関心は今後5年間で再生可能エネルギー、クリーンテクノロジーといったサステナビリティ分野にシフトするとしている。  同調査は「安定供給」「コスト」「サステナビリテ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マイクロソフト、水問題の解決に向けてゲーミフィケーションを活用

Facebook Twitter Google+

 米IT大手のマイクロソフトが、NPOと協働してゲーミフィケーションを活用したサステナビリティ意識向上キャンペーンを展開している。マイクロソフトは水問題に取り組む国際NPOのONE DROPと協力し、若者からお年寄りまでが楽しみながら水問題について学ぶことのできるゲーム型アプリ、The ONE DROP of Lifeを開発した。同アプリはイタリアで「地球に食料を、生命にエネルギーを」をテーマに開催されたミラノ万博の中で発表された。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】ベン&ジェリーズ、自社のCO2排出に対して自主的に炭素税を導入

Facebook Twitter Google+

 環境・社会に配慮した事業展開を行うBコーポレーションとしても知られる米アイスクリームメーカーのベン&ジェリーズが、また新たにユニークな取り組みを始めている。ベン&ジェリーズは5月12日、自社製品の製造・販売工程において生じるCO2に対し、その排出量に応じて自社に対して自主的に課税を行うと公式ウェブサイト上で発表した。  同社は気候変動を「個人から企業、そして国家にいたるまで我々が解決すべき最も大きな問題」としており、その問題解決策の [...]

» 続きを読む

【国際】エネルギー大手32社で世界の温室効果ガスの31%を排出。トムソン・ロイター調査

Facebook Twitter Google+

 米情報提供大手のトムソン・ロイターは5月20日、世界のエネルギー業界の温室効果ガス排出量に関する調査報告書、"Global 500 Greenhouse Gas Report: The Fossil Fuel Energy Sector"を公表し、世界の大手エネルギー会社32社の温室効果ガス排出量が、世界全体の排出量の31%を占めていることを明らかにした。  同報告書は、サステナビリティコンサルティング会社のBSDコンサルティング社 [...]

» 続きを読む

【国際】WRI、世界初となるEDI(環境民主主義指標)を公表

Facebook Twitter Google+

 WRI(World Resources Institute、世界資源研究所)と、環境活動への市民参加を促進するThe Access Initiativeは5月20日、世界初となるEDI(Environmental Democracy Index:環境民主主義指標)を発表した。同指標は世界70カ国における環境に関する政治的意思決定の透明性や説明責任などを世界140名以上の弁護士や専門家の協力のもとで評価、格付けしたものだ。  EDIは [...]

» 続きを読む

【国際】世界の持続可能なエネルギーは飛躍的進展も、未だ不十分。SE4ALL調査

Facebook Twitter Google+

 世界銀行およびIEA(国際エネルギー機関)らによる持続可能なエネルギーに関する国際イニシアチブ、SE4ALL(Sustainable Energy for ALL、万人のための持続可能なエネルギー)が5月18日に公表したGlobal Tracking Framework Reportの第二版によると、2010年から2012年における世界の持続可能なエネルギーへの取り組みは飛躍的な進展を見せており、第一版報告時の1990年から2010 [...]

» 続きを読む

【中国】UNDP、ネット動画大手LeTVと戦略的パートナシップを提携

Facebook Twitter Google+

 国連開発計画(UNDP)中国事務所は5月25日、インターネット動画大手のLeTV(楽視網)社との戦略的パートナーシップを発表し、北京で覚書への調印式を行った。LeTVは、国連が今年70週年を迎えるにあたり、その記念イベントの共催を始め、インターネットでの動画配信を通じた情報格差の是正や、再生可能エネルギーの促進などの分野でも協力していく。  UNDPは、経済開発分野での国連最大のグローバル機関であり、170以上の国で発展援助に関する [...]

» 続きを読む

【国際】CDPら、科学的根拠に基づくCO2排出削減目標の設定を求めるキャンペーンを開始

Facebook Twitter Google+

 CDP、国連グローバル・コンパクト、WRI(世界資源研究所)、WWF(世界自然保護基金)らによる、企業らに対して科学的根拠に基づき必要となるCO2排出量削減を求める国際イニシアチブのScience Based Targets Initiative(SBT)は5月20日、世界の気温上昇を2℃以内に抑制する上で科学的に必要とされているCO2排出削減量に沿った削減目標を掲げる企業100社を招集するキャンペーンを開始した。  今年の12月に [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る