【アメリカ】米国マクドナルド、抗生物質を使用した鶏肉の調達を中止へ

Facebook Twitter Google+

 米国のマクドナルドは3月4日、抗生物質を使用していない鶏肉のみを調達する、rbSTと呼ばれる人工成長ホルモンが投与されていない牛の低脂肪ホワイトミルクと無脂肪チョコレートミルクを提供するなど、原材調達に関する新たな方針を発表した。  今回の方針は同社が先日公表した"Global Vision for Antimicrobial Stewardship in Food Animals"というグローバルビジョンに沿って打ち出されたもので [...]

» 続きを読む

【国際】Sustainly、第5回ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックスを公表

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ分野のコンサルティングを手掛けるSustainly社は2月23日、今年で5回目となる「ソーシャルメディア・サステナビリティ・インデックス」を公表した。同インデックスは2,500以上の企業のコーポレポートサイトやソーシャルメディアから475社を取り上げ、その中でも特にソーシャルメディアを効果的に活用して自社のサステナビリティ活動を発信し、ステークホルダーとコミュニケーションをとっている100社をランキング化したものだ。 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】マクドナルドが発表した先進的なサステナビリティ方針とは?

Facebook Twitter Google+

米マクドナルドは、同社初の「CSR・サステナビリティ・フレームワーク」を発表し、測定可能でポジティプなインパクトを社会に生み出しながら事業運営を行う構想を打ち出した。フレームワークの作成にあたり、同社は、サプライヤー、フランチャイジー、消費者、専門家、NGO、社会的責任投資団体との共同制作というアプローチをとり、社外からの意見を十分に取り入れた内容となっている。フレームワークは、同時に発表された「2012-2013 サステナビリティレ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米マクドナルド、2014 Best of Sustainable Supplyを発表

Facebook Twitter Google+

米マクドナルドは、サプライヤーのサステナビリティに対する取り組みを評価する「2014 Best of Sustainable Supply」の優秀企業を発表した。対象は世界中のマクドナルドのサプライヤーで自主応募を募り800社から応募があった。対象は「気候変動とエネルギー」、「水」、「廃棄物」、「土壌と生物多様性」、「人間の健康と福祉」、「動物の健康と福祉」、「コミュニティインパクトと経済」の8部門。各部門賞の他、優秀企業計51社が発 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】米マクドナルド、対コミュニティ施策で教師にクーポン配布

Facebook Twitter Google+

米アリゾナ州のマクドナルドショップで、5月6日のTeacher Application Day(先生に感謝の気持ちを伝える日)に、州全体の教師への感謝を込めてキャンペーンを実施した。各地のマクドナルドショップで、朝5時から夜の8時までの時間帯に学校のIDを見せた教師に対し、追加のバリューセットを無料で提供した。さらに、アリゾナの全マクドナルドショップで、先着100人の教師には8月末まで使えるドリンク券をプレゼントした。昨年、アリゾナの [...]

» 続きを読む

【オランダ】「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」が牛肉流通の国際規格の草案発表

Facebook Twitter Google+

オランダに本部を置く国際的な業界団体「持続可能な牛肉のためのラウンドテーブル」(GRSB)は、持続可能な牛肉食品に関する原則の草案を発表した。GRSBには世界の有数な牛肉食品関連企業・団体が多数参画。アメリカ、オーストラリアなどの牛肉生産者団体、米カーギルなど牛肉加工企業、マクドナルドやウォルマートなどの牛肉関連製品の小売企業、WWFなど国際機関が名を連ねる。今回発表された草案は、GRSBの参画企業が1年余りをかけて検討をし、外部専門 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る