private 【日本】金融庁、有価証券報告書の「記述情報の開示に関する原則」策定。好事例集も公表

Facebook Twitter Google+

 金融庁は3月19日、「金融審議会ディスクロージャー・ワーキンググループ報告」の提言を踏まえ、有価証券報告書に関する「記述情報の開示に関する原則」を策定した。また「記述情報の開示の好事例集」も公表した。「記述情報の開示に関する原則」は、2018年12月21日に案を公表し、パブリックコメントを募集していた。 【参考】【日本】金融庁、有価証券報告書の「記述情報」開示に関する原則案公表。パブコメ募集(2018年12月26日)  記述情報とは [...]

» 続きを読む

【日本】金融庁、2019年度の有価証券報告書の作成・提出に際しての留意事項発表

Facebook Twitter Google+

 金融庁は3月19日、有価証券報告書の作成・提出に際しての留意すべき事項を発表した。1月31日に改正された「企業内容等の開示に関する内閣府令」の内容を踏まえることと同時に、2018年度の有価証券報告書レビューを踏まえた留意事項を4点伝えた。また2019年度の重点テーマも発表した。 【参考】【日本】金融庁、有価証券報告書の記載事項に関するルールを改正し即日施行。ガバナンスやリスク開示を強化(2019年2月4日)  改正された「企業内容等 [...]

» 続きを読む

private 【日本】金融庁、有価証券報告書の記載事項に関するルールを改正し即日施行。ガバナンスやリスク開示を強化

Facebook Twitter Google+

 金融庁は1月31日、有価証券報告書等の記載事項について、「企業内容等の開示に関する内閣府令」を改正し、即日施行した。金融庁は11月2日に改正案を公表し、12月3日までパブリックコメントを募集。今回、集まった意見を踏まえ、改正内容を最終決定した。一部は、2019年3月31日以降に終了する会計年度の有価証券報告書から、それ以外も2020年3月31日以降に終了する会計年度の有価証券報告書から、適用される。 【参考】【日本】金融庁、有価証券 [...]

» 続きを読む

private 【日本】政府、事業報告等と有価証券報告書の一体的開示促進のため記載例発表。対照表も作成

Facebook Twitter Google+

 内閣官房、金融庁、法務省、経済産業省は12月28日、企業情報の法定開示について、「事業報告等と有価証券報告書の一体的開示のための取組の支援について」を発表した。  日本では、金融商品取引法(金融庁所管)に基づく有価証券報告書と、会社法(法務省所管)に基づき定時株主総会招集通知に際し作成が求められる事業報告及び計算書類(事業報告等)の二本立ての開示が求められている。海外では、情報開示は一本化されていることが多いが、日本では双方の記載事 [...]

» 続きを読む

private 【日本】金融庁、有価証券報告書の「記述情報」開示に関する原則案公表。パブコメ募集

Facebook Twitter Google+

 金融庁は12月21日、企業の有価証券報告書作成において、財務情報以外の開示情報である「記述情報」を開示する際の原則案を公表した。投資家の投資判断やエンゲージメントに資する情報開示を強化するため、経営方針・経営戦略等、経営成績等の分析、リスク情報を中心に、開示の考え方を整理した。  今回の原則案は、6月に発表された金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告を受けたもの。プリンシプルベースのガイダンスとなっている。2019年2 [...]

» 続きを読む

private 【日本】金融庁、有価証券報告書の記載事項について改正案公表。ガバナンスやリスク開示を強化

Facebook Twitter Google+

 金融庁は11月2日、有価証券報告書等の記載事項について、「企業内容等の開示に関する内閣府令」の改正案を公表した。12月3日までパブリックコメントを募集。今回の改正は、6月に公表された金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告を受けたもの。 【参考】【日本】金融庁金融審議会ワーキンググループ、企業情報開示のあり方に関する報告書公表(2018年7月2日)  改正では、「建設的な対話の促進に向けた情報の提供」「財務情報及び記述情 [...]

» 続きを読む

【日本】金融庁と法務省、有報と会社法事業報告の一体的開示向け対応内容を公表

Facebook Twitter Google+

 経済産業省は12月28日、「未来投資戦略2017」に基づき、金融庁、法務省、内閣官房と共同で、有価証券報告書と事業報告等の一体的開示促進に向けた今後の取組をまとめた。企業側にとっての業務負担を軽減するとともに、投資家側にとっての利便性向上を狙う。2017年6月29日に閣議決定された「未来投資戦略2017」では、2019年前半を目途に効率的な企業情報開示を実現するとしている。  日本では、金融商品取引法(金融庁所管)に基づく有価証券報 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る