【アメリカ】Estee Lauder、P&G、Hershey’sら、新たにSustainable Brandsの会員企業に

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ関連のイベントを手がけるSustainable Brandsは12月9日、新たに同団体の会員企業ネットワーク、Corporate Member NetworkにEstee Lauder、P&G、Hershey’s、Hasbro、Iron Mountain、Miller Coors and Domtarなどが加わったと発表した。今後、これらの企業は既にネットワークに加盟している55以上の企業とともに持続可能な未来の実現に [...]

» 続きを読む

【アメリカ】デジタル時代における統合報告の最新トレンド

Facebook Twitter Google+

企業向けレポーティング・ソリューション大手のWorkviaが、先月11月に出版された統合報告の最新トレンドに関する書籍”The Integrated Reporting Movement: Meaning, Momentum, Motives, and Materiality”の中で、世界の統合報告におけるIT・デジタル活用トレンドを分析し、同社の知見とともにナレッジを提供している。 WorkviaはFortune500社のうち60% [...]

» 続きを読む

【IT】株式会社テーブルクロス社インタビュー「食でつながる世界に向けて」

Facebook Twitter Google+

世界では今、MBA学生が企業の社会や環境に対する意識を向上させていたり、就職先として社会的企業を選択するなど、サステナビリティのトレンドが将来のリーダーとなる若い世代に浸透しつつあります。日本でも同様に、学生起業家が社会に対する責任を持って動き出しています。今回は、レストランの予約を通じて途上国の子供たちを支援するサービス「テーブルクロス」を展開する株式会社テーブルクロスの代表、城宝薫さんに迫ります。 途上国では多くの子供たちが、食べ [...]

» 続きを読む
2014/12/30 事例を見る

【国際】GRI、G4に基づくレポート作成を支援する新サービスを公表

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGlobal Reporting Initiative(GRI)が12月3日、GRIガイドラインに基づいたレポーティング品質の向上に向けて下記の新サービスおよび既存サービスのアップデートを発表している。 The GRI Content Index Service(新サービス) The Content Index Serviceは、G4に基づいて作成されたレポートのデータの使いやすさ、透明性 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】2014年度のヒスパニック・インクルージョン指数が公表

Facebook Twitter Google+

ヒスパニック市場が急拡大している米国では、市場ニーズに対応するために企業によるヒスパニック系人材の受け入れ、登用が進んでいる。 米国のヒスパニック系擁護団体The Hispanic Association on Corporate Responsibility(HACR)は12月4日、2014年度のHACR Corporate Inclusion Index(HACR CII)を発表した。 HACR CIIはFortune100の大企 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】最もコミュニティ志向のある企業ランキング、Civic50が公表

Facebook Twitter Google+

米国のボランティアNGO、Points of Lightは12月8日、Bloomberg L.P.と共同で2014年度のCivic 50ランキングを公表した。同ランキングは優れたコミュニティ・エンゲージメントを展開している米国企業を表彰するもので、コミュニティ活動に対する資金や人材の投資状況、コミュニティ・エンゲージメントプログラムの企業戦略への統合状況、プログラムの成果などに基づき優れた実践を展開した企業トップ50を毎年公表している [...]

» 続きを読む

【アメリカ】企業倫理において最も影響力のある100人が公表

Facebook Twitter Google+

産業界、学術界、政府、NGOなどの各界から企業倫理において最も影響力を持つ100人が選出された。 企業倫理の向上に取り組む米国の経営コンサルティング会社、Ethisphere Instituteは12月4日、今年度の”100 Most Influential People in Business Ethics Ranking”(企業倫理において最も影響力のある100人)を発表した。同ランキングは企業倫理、コンプライアンスの世界で特に重 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】2050年までに80%の温室効果ガス削減は可能。

Facebook Twitter Google+

米国が2050年までに80%の温室効果ガスを削減することは可能。その道筋を示す最新の報告書が公表された。 UN Sustainable Development Solutions Network(SDSN)、パリに本拠を置く非営利調査機関のThe Institute for Sustainable Development and International Relations(IDDRI)らが主導する脱炭素社会の実現に向けた国際プロジ [...]

» 続きを読む

【ドイツ】ハンブルグ、持続可能な交通インフラの実現に向けてWBCSDと協力へ

Facebook Twitter Google+

ドイツ第2の都市ハンブルグで、国際機関、地方行政、企業の協働による交通インフラのサステナビリティ向上プロジェクトが始まる。 WBCSD(持続可能な発展のための世界経済人会議)は12月5日、ハンブルグの交通環境をよりクリーンで安全かつより移動しやすい環境にするためのソリューション開発に向け、ハンブルグ特別市と2015年末まで提携することに合意したと発表した。 今回の提携は、WBCSD会員企業らの最新のテクノロジーや交通マネジメント手法を [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る