【アメリカ】グーグル、同社の世界全データセンターで「埋立廃棄物ゼロ」を宣言 2016/10/04 最新ニュース

data-center

 グーグルは9月14日、同社の世界中のデーターセンターからの埋立廃棄物をゼロにする「Zero Waste to Landfill」を宣言した。達成期限は特に定めていない。同社が掲げる「Zero Waste to Landfill」は、データセンターからの排出される廃棄物が埋立処理されるものをゼロにする。また、廃棄物のうち燃焼エネルギー源として活用されるものも10%以下に留め、基本的に物質として再利用するというもの。同社は、「Zero Waste to Landfill」イニシアチブを推進する米国のUL社とパートナーシップも結んだ。

 グーグルがすでに保有するデータセンターのうち、アイルランド、フィンランド、ベルギー、台湾、シンガポールにある計6つのデーターセンターでは、すでに埋立廃棄物ゼロが実現されているが、燃焼エネルギー源に回るものが10%を超えておりこの割合を今後下げていく。また、それ以外も含む世界全14ヶ所のデータセンターからの埋立廃棄物割合は現在約14%あり、今後これもゼロにしていく。

 同社はこれを達成してくための方策として、(1)廃棄物そのものを削減するための省資源オペレーションの実現、(2)製品寿命の長いものを事業で利用、(3)事業オペレーションの変化により不測の廃棄物増加への備えを仕組み化、を挙げ、全力で取り組んでいく姿勢を示した。今後は廃棄物をゼロにするだけでなく、廃棄物の再利用が事業にプラスに作用するようにしていく「circular economy practices」を今後検討していくことも示した。

 同社はこのような大々的な発表を、公式声明のような形ではなく、同社の公式ブログの中でプログラムマネージャーが宣言する形で行った。このような軽快な動きにも、グーグルらしさが伺える。

【参照ページ】Six Google Data Centers are Diverting 100% of Waste from Landfill

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る