【アメリカ】ウェルズ・ファーゴ、2017年の事業電力再エネ比率100%を達成の見込み 2017/11/18 最新ニュース

 金融世界大手米ウェルズ・ファーゴは11月8日、2017年の全世界の事業電力が全て再生可能エネルギーで調達できる見通しと発表した。同社は、2017年末までに全世界での事業電力を全て再生可能エネルギーにし、2020年までに再生可能エネルギー電力拡大に向けた電源開発等を進めすことを掲げていた。まず第一段階の目標は達成されたことになる。

 ウェルズ・ファーゴは、本社、支店、データセンター合わせて合計8km2の不動産を所有している。今年の事業電力全てを再生可能エネルギーにするためには200MWh以上のグリーン電力証書を購入する必要があった。同社は、自社施設を活用した太陽光発電もしているが、需要の一部をまかなえているにすぎない。そのため、今後2020年までに自社施設での太陽光発電の拡大、再生可能エネルギー電力購入契約(PPA)、電力小売事業者からの再生可能エネルギー購入等をさらに活用していく。

 同社は、事業を通じた低炭素社会移行も支援している。2012年以来、環境に貢献する企業やプロジェクトに合計700億米ドルを融資。発電所建設投資家が税額控除を受けられる制度を活用し同社が融資したもの太陽光発電所と風力発電所は、2016年時点で全米の8%を占めるまでになった。再生可能エネルギーの技術開発では、国立再生可能エネルギー研究所に3,000万米ドルを拠出する慈善プロジェクトを展開。低所得者層や先住民族社会に再生可能エネルギー電力を提供するNGO「GRID Alternatives」にも資金拠出している。

【参照ページ】Wells Fargo Global Operations Now Powered By 100 Percent Renewable Energy

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る