【日本】環境省とエネ庁、ガソリン給油時の燃料蒸発ガス回収推進で認定制度創設 2018/03/06 最新ニュース

 環境省と資源エネルギー庁は3月2日、大気汚染物質の光化学オキシダントや、PM2.5の原因物質の一つである燃料蒸発ガスの削減のため、自動車へのガソリン給油時に燃焼蒸発ガスを回収する装置を設置したサービスステーション(SS:ガソリンスタンド)を「大気環境配慮型SS」として認定する制度を創設した。認定SSの愛称は「e→AS(イーアス)」。

 SSの燃料蒸発ガスの回収率に応じてS、A、B、Cの4段階で認定を行う。基準となる回収率は今年6月頃に発表予定。認定申請受付は今年夏頃に開始する。

【参照ページ】大気環境配慮型SS認定制度を創設しました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る