【日本】三井住友銀行と日本総研、FTSE RussellのESGデータ活用し、ESG関連サービス強化 2018/09/03 最新ニュース

 インデックス開発世界大手英FTSE Russellは8月31日、三井住友銀行と日本総合研究所が、同社のESGレーティングデータを活用すると発表した。

 三井住友銀行は、ESG評価型シンジケートローンやESG評価型ローンのデータモデル開発でFTSE RussellのESGレーティングデータを活用する。日本総合研究所は、FTSE RussellのESGデータを活用し、同社のESG関連サービスを強化する。

[2018年9月4日修正]
一部記事内容を変更した。

【参照ページ】SMBC and Japan Research Institute select FTSE Russell ESG Ratings data model

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る