【国際】フィゲレス前UNFCCC事務局長ら、「Exponential Climate Action Roadmap」発表 2018/09/21 最新ニュース

 パリ協定達成推進NGOのMission 2020議長を務めるクリスティーナ・フィゲレス前国連気候変動枠組条約事務局長と、ヨハン・ロックストローム・ストックホルム・レジリエンス・センター所長は9月13日、サンフランシスコで開催された世界気候アクションサミット(GCAS)の場で、エネルギー、食品・農業、工業、不動産、輸送の各分野で2030年までに二酸化炭素排出量を半減できることを示すレポート「Exponential Climate Action Roadmap」を発表した。

 同レポートは、パリ協定達成のためには、強力な政策、強いリーダーシップ、デジタル革命の3つが不可欠と指摘。エネルギー分野では、太陽光と風力が急増し、今のペースが続けば2030年には世界の電力の半分を再生可能エネルギーで賄えるようになると指摘。再生可能エネルギー発電価格が引き下がれば、今後10年間は人々が想定している以上にエネルギー革命が進む可能性があると結論付けた。

 一方、その他の分野では変革が遅く、今後のデジタル革命が鍵を握るとした。現在、IT業界は毎日30億人の生活に影響を与えており、デジタル革命は経済変革と二酸化炭素排出量削減に向け大きな可能性があると展望を示した。

 今回のレポートでは、今後必要となる30のソリューションを提示。今後18ヶ月間での素早い導入が重要との考え方を見せた。その中には、政府、企業、個人等の強いリーダーシップ、化石燃料への補助金を終わらせるタスクフォースの設立、2030年までに二酸化炭素排出量を削減させる第四次産業革命に向けた業界のイニシアチブ等がある。

【参照ページ】Halving greenhouse gas emissions by 2030: Roadmap shows what’s needed in each sector

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る