【イギリス】アクチュアリー会、気候変動が年金基金運用に与える影響をまとめたレポート発表 2018/11/17 最新ニュース

 英アクチュアリー会(IFoA)は11月6日、気候変動が年金基金のポートフォリオに与える影響をまとめたレポートを発表した。英アクチュアリー会は2015年10月に、資源や環境リスク(R&E risks)が年金基金のアクチュアリーに与える影響を示したガイダンス「The Relevance of Resource and Environment Issues to Pension Actuaries」を発行。その後も継続的に、同ガイダンスを深掘りするレポートを作成しており、今回が第3弾。全2回は、契約(Covenant)アセスメントと死亡率について分析した。  今回のレポートは主に、英国の確定給付(DB)型年金基金のアクチュアリーに向けられている。レポートでは、年金基金が気候変動リスクを考慮に入れるべき理由、気候関連財務モデリングの先行研究、シナリオ分析等気候変動リスク考慮の手法、年金基金運用に与える影響、今後取るべきアクション等 についてまとめている。  年金基金が気候変動リスクを考慮に入れるべき理由では…

ここから先は登録ユーザー限定のコンテンツとなります。ログインまたはユーザー登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る