【EU】欧州委、2050年までにCO2純排出量ゼロの長期戦略方針採択。2019年欧州理事会での合意視野 2018/12/03 最新ニュース

 欧州委員会は11月28日、2050年までに二酸化炭素排出量を80%削減し純排出量ではゼロにする長期戦略方針を採択した。パリ協定が定める2℃目標及び1.5℃努力目標達成から逆算して目標設定した。今後、EU理事会、欧州議会、及び補佐機関である経済社会評議会と地域委員会での審議を行い、2019年5月9日の欧州理事会(首脳会談)での合意を目指す。

 今回の長期戦略方針は、2018年3月の欧州理事会で欧州委員会が策定を行うように求められていた。同長期戦略目標は、具体的な目標基準を設定するものではなく、EUの政策全体の柱となるビジョンと方向性を示したもの。関係するステークホルダーに対し、将来への予見性を与えるものともなる。長期戦略には、EUの加盟国、企業、主に若者と対象としたNGOに対し議論を始めるよう呼びかけ、2019年中にEUとして確定し、パリ協定事務局に国別自主的目標(NCS)として国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に提出したい考え。

 純排出量に向けては、電力、エネルギー、産業、交通、農業、建設・不動産業に大きな影響を与えるとみられる。

【参照ページ】The Commission calls for a climate neutral Europe by 2050

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る