【国際】世界保険大手10社、豪カーマイケル石炭採掘プロジェクトへの保険提供拒否。NGO発表 2018/12/29 最新ニュース

 世界保険大手10社はこれまでに、インドの新興財閥アダニ・グループが豪クイーンズランド州で計画している「カーマイケル石炭採掘プロジェクト」及び関連鉄道網整備に対する保険提供を拒否した。いずれも気候変動への懸念。同プロジェクトについては、日本勢を含むアジアの金融機関複数が、すでに融資を拒否している。

【参考】【オーストラリア】アジア金融機関複数、印アダニ・グループのカーマイケル石炭採掘への融資拒否(2018年8月22日)

 10社のうち、同プロジェクトへの保険提供拒否を明言しているのは、アクサ、SCOR、FM Global、QBE保険グループ、サンコープ・グループの5社。さらに、アリアンツ、ミュンヘン再保険、スイス再保険、チューリッヒ保険、ゼネラリ保険の5社はすでに石炭採掘への保険提供を禁止する方針を制定している。ロイズ・オブ・ロンドン、Beazley、Starrの3社は、石炭採掘への保険を禁止していないが、同プロジェクトには関与してないことを表明している。

 カーマイケル石炭採掘プロジェクトに対しては、NGO73団体が今月が保険大手に同プロジェクトへの保険を提供しないよう求める共同書簡を送付。前述13社は、その中で保険提供しないもしくはしていないことを回答した。一方、現状未回答の企業は、東京海上日動火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、AIG、バークシャー・ハサウェイ、Chubb、AXIS Capital、Great American Insurance、Liberty Mutual、Markel Coporation、W.R. Berkley、Canopius、Chaucer、CNA Hardy、Hamilton Insurance Group、HDI。

 共同書簡キャンペーンを主導したNGOは、豪Market Forces、米レインフォレスト・アクション・ネットワーク(RAN)、Unfriend Coal、グリーンピース、「環境・持続社会」研究センター(JACSES)、Re:Common、urgewald。350.org、Friends of the Earth(FoE)等も参加した。共同書簡結果は12月20日にNGOが発表した。

【参照ページ】Insurers: #StopAdani!

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る